大阪に本社のあるリテック(reteQ)では、小さな施工から大きな施工まで、建物の補修工事全般を承っております。木質建材、アルミ系建材、樹脂素材、石材関係、外壁、鏡面素材、陶器、浴室等なんでもご相談ください。

大阪に本社のあるリテック(reteQ)では、小さな施工から大きな施工まで、建物の補修工事全般を承っております。木質建材、アルミ系建材、樹脂素材、石材関係、外壁、鏡面素材、陶器、浴室等なんでもご相談ください。

メニュー
  • 06-4867-4088 営業時間平日09:00~18:00
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 検索
 
閉じる

フローリングにカビ?! カビ・シミを除去し補修して全く分からなくなりました! 大阪市豊中

  • brfore
  • after
2018.04.12
フローリングにカビ?! カビ・シミを除去し補修して全く分からなくなりました! 大阪市豊中
Pocket

お見積り内容

作業時間  4時間
補修料金  35000円
作業人員  1名
特記事項  

 

今回の補修内容は?

 

 

今回の補修は、

 

「フローリングのシミ、カビ補修」です。

写真を見てもらうとわかりますが、部屋の隅のフローリングが

シミになって、部分的にカビが生えたような状態になっています・・・。

 

 

 

 

 

傷が出来た原因は?

 

 

カビは高温・多湿を好み、繁殖するので、

 

カビができたということは、水分を発する何かを置いていた?

 

 

 

一番多い原因は、「加湿器」です。

 

 

カビは「加湿器」で発生?!

 

 

加湿器は部屋を加湿してくれ、冬場も潤いを保ってくれるため

 

非常に便利ですが、

 

湿度を上げることで、そういった場所が大好きな「カビ」が

 

繁殖してしまうことがあります。

 

 

さらに、加湿器を置いたすぐ足元が最も水蒸気が多く当たる場所なので、

 

このような現象になったのかもしれません。

 

 

(原因を聞いていないので、確証はありませんが。。。)

 

 

もし、加湿器や湿度を上げる水蒸気を放つ機械などをフローリングに

 

直置きしている場合は、すぐに場所を変えるか、下にマットなどを敷くことをオススメします。

 

 

どのようにシミを消す?

 

 

今回のような場合は、基本的に表面をしっかりと研磨して、

 

汚れやカビなどを除去し、特殊な洗浄剤で表面を洗います。

 

 

その後、水分をしっかりと乾燥させたら

 

シミを消すために上から着色・塗装を行っていきます。

 

 

最後にワックスやスプレー等で表面をコーティングして、

 

艶を合わせて終了になります。

 

 

では、早速作業に取り掛かります。

 

 

作業内容

 

 

工程① 洗浄、下地処理

 

まずは表面を水拭きし、細かいほこりや汚れを取り除きます。

 

その後、サンドペーパーで表面を目荒らしして、小さな凹凸や

カビを除去していきます。

 

最後に専用の洗浄剤を塗布して、洗います。

 

 

工程② 調色

 

次にフローリングの色を作っていきます。

 

塗料は、強度もあり撥水性もある「アクリルウレタン塗料」を使用していきます。

 

 

 

工程③ 着色・塗装

 

フローリングの色合わせは難しく、単色ではないため、

 

基本的に「薄い色」「中間色」「濃い色」の3種類を作り、

 

それぞれを着色しながら雰囲気を合わせていきます。

 

 

下地を染めることができたら、木目を描いていきます。

 

今回のフローリングは木目がうっすら入っているようなタイプなので、

 

ふわーっと筆を当てて、ラインを描いていきます。

 

 

工程④ コーティング・艶合わせ

 

 

雰囲気を合わせることが出来たら、コーティングをしていきます。

 

今回は、スプレーを使って保護膜を作って、

 

着色と塗装で艶のムラが出来た部分を調整していきます。

 

 

補修後

 

 

 

 

 

補修前

 

 

Pocket

ページのトップへ戻る