ブログ

我々reteQがやっているリペア業について紹介します vol.1

今回は私たちの紹介を若干させていただきます。

私たちは、リペアを中心とした小規模修繕をしております。
現場でのお困りごとをなるべく多く解決したいとリペアを中心に様々なご依頼にチャレンジしております。

★お困りごとの一例★

(業者さんからは)
交換できない部材にキズをつけてしまった
お客様からのご依頼をどの職人に頼めばいいかわからない&断られた


(一般のお客様からは)
交換より安い方法で綺麗にする方法ないかな
この工事は誰に頼めばいいかわからない
リフォーム会社に断られてしまった


まだまだありますが、
私たちはそんな住宅や施設周りの幅広いお困りごとやトラブルを解決するべく、
多能工のスタッフを育成し、新しいことにチャレンジする施工会社です。


ところで、「リペア」って何?っていう方多いと思います。

大工さんや塗装屋さんクロス屋さんは誰もが知っている職業であるのに対して、
リペア屋さん、補修屋さんは一部の業界の人しか知らないんです。

私も営業先から「え?そんな仕事あるの?」ってよく言われます(-.-)
また業界の人からは「そんなことまで出来るの?」とも言われること多いです。

「あるんです!」「できるんです!」「イインデス!(ジエイ風)」


「リペア補修」や「特殊補修」は、
住宅周りや建築資材で工事中にキズが付いたものを修理・補修する専門職人がルーツです。

長期間の工事を人の手でやっていると、
どうしてもキズがついてしまいます。

とはいえ、
傷つけてはいけないものにキズをつけてしまうわけですから、
分からなくなるまで綺麗に復元しないといけないんです!
(なかには難しいものもあり試行錯誤する場面があります)


そんなキズを復元する専門部隊が私たちの職人たちです。
(正式には弊社では「職人」ではなく「サービススタッフ」と呼んでいます。。)

更に私たちでは、
リフォーム工事中のお客様に喜んでいただくよう、
新品交換が出来ないものや新品交換だと高くて手が出せないものなどを
古い既存品をリペアしたり、長年のキズや汚れで経年劣化したものを生まれ変わらせています。

image_1


image_2

しかし何でもリペアで出来るわけではありません。
リペアと相性の合わない部材や環境もあります。
リペアより新しいものに交換したほうが安い場合もあります。

お客様からのご要望に関して何がベスト提案か真剣に考え、
ご提案をさせていただいております。


なかにはご要望の中に
「うちの嫁との夫婦仲もリペアしてくれへん(笑)??」などとリペア屋さんなら分かるあるあるトークがあります。
「それもう私たちでも修復不可能ですので交換ですね!」(笑)

この時は私も真剣に考えません(笑)


また私たちのことやリペアのことを紹介させていただきます。

今日はこのへんで。

一覧に戻る

▲ページトップに戻る